BLOG

ブログ

高幡不動尊七五三出張撮影ママと7歳女の子

高幡不動尊七五三出張撮影ママと7歳女の子
地元の高幡不動尊に七五三のご祈祷に行きたい。でも何から準備したらいいのかわからなくて不安……

高幡不動尊のご祈祷の流れが知りたい!
・七五三の準備は何から始めたらいいの?
・境内でどんな写真が撮影できるのか知りたい!

小室直子

私は家族写真専門フォトグラファーとして独立し15年人見知りの我が子の笑顔が撮れた!とお客様に喜ばれてこれまで2000組以上の家族撮影をしてきました。

そこでこの記事では、高幡不動尊での七五三を検討中のママご祈祷の流れ、七五三に必要な準備、境内で撮影可能な写真をご紹介。

この記事を読めば「高幡不動尊の七五三の準備」ができます。事前に写真で境内を確認し、安心して七五三に臨みましょう。

高幡不動尊の基本情報(住所・電話・初穂料)

高幡不動尊七五三家族写真

高幡不動尊
【公共交通機関】京王線・多摩都市モノレール「高幡不動」徒歩5分
【住所】東京都日野市高幡699
【TEL】042-591-0032
【駐車場】約70台
【写真撮影】境内は撮影可能
【ご修行時間】ご修行の時間を要確認
【御祈願料】3,000円〜
【予約】必要なし

高幡不動尊の七五三ご祈祷までの流れ

1.ご祈祷料(初穂料)をのし袋に包んでおく
2.社務所で申込み用紙の記入
3.順番待ち(名前が呼ばれる)
4.ご修行(約30分)※椅子は最後列のみ。床に座ってのご修行
5.授与品をいただく
※初穂料は3,000円〜

七五三の支度・写真の選択肢

七五三7歳メイクシーン写真

着付、ヘアメイク、写真を一括してできるチェーン店が一般的。どこで写真を撮影するかによって1日の組み立てが大きく変わる。選択肢は3つ

①チェーン店のスタジオで撮影

メリット
・着物、ヘアメイク、写真全てお任せで簡単
・着付道具の忘れの心配がない
・撮影時間短い

デメリット
待ち時間長い
・撮影のタイミングに機嫌が合わないと写真の仕上がりがイマイチ
・写真枚数少ない

②地元写真館での撮影

メリット
・神社の近くを選べば移動時間短縮可能
長年のキャリアから安定した品質
・撮影時間短い

デメリット
・着付、ヘアメイクは自分で手配する
・撮影のタイミングに機嫌が合わないと写真の仕上がりがイマイチ
・写真の枚数が少ない

③出張撮影

メリット
写真の枚数が多い
撮影時間長い
・プライベート撮影なので待ち時間なし

デメリット
・着付、ヘアメイクは自分で手配する
天候によって写真の仕上がりに差がでる
・撮影時間が長いのでカメラマンとの相性を見極める必要がある

七五三に必要な準備

七五三出張撮影着物の写真

決めることが多いですが一つずつ順番に決めていきましょう。

日程
平日→ゆとりある準備が可能
・土日朝10:30まで午後のご祈祷は比較的空いている、大安11:00頃が最混雑

神社
境内での撮影なし→選択の制限なし
境内での撮影あり神社専属の写真館 or 出張撮影OKの神社を選択

お食事処
・自宅→手作り or ケータリング
・飲食店→個室貸し切り可能な飲食店もある

着物
・手持ちの着物あり→小物の不足がないか要確認(着付の先生に相談すると良い)
・手持ちの着物なし着物店 or ネットのレンタル

ヘアメイク
美容院→神社近くがオススメ(着付け後、移動時間が長いと負担大。)
自宅自身で着付 or 出張ヘアメイク依頼

写真
写真館支度場所近くor 神社近くで選ぶ(着付け後、移動時間長い負担大。)
出張撮影出張撮影可能神社を選ぶ

七五三出張撮影の1日の流れ

(例)ママ7歳の女の子2名様出張お着付ヘアメイク出張撮影依頼時のスケジュール
自宅で支度、撮影をスタートし、カメラマンが神社まで同行するので時間に無駄がない

七五三予定表

高幡不動尊の出張撮影で撮れる写真

高幡不動七五三7歳女の子
高幡不動尊五重塔七五三7歳写真
高幡不動七五三出張撮影
高幡不動七五三家族写真
高幡不動七五三7歳女の子
高幡不動七五三家族写真

ご親族様全員の集合写真はもちろん、自然な表情の写真まで多種多様な撮影ができるのが出張撮影醍醐味オーソドックスな写真から笑い声が聞こえる楽しい写真まで、多くの写真を撮影するため、14年の経験に基づき合理的撮影順序を計画しています。

高幡不動尊の御祈祷は時間が決まっているので要確認

神社の御祈祷にあたる「お護摩ご修行」は神社のようにまめに行っていません。平日、土日で決まった時間に行われるので要計画。目指す時間を逃すと次は1時間半後…となる場合もあるので注意。

記事一覧

小室直子

出張撮影フォトグラファーの 小室直子(こむろなおこ)と申します。 フリーとして独立し16年、写真が苦手なお客様に自然な笑顔のお写真をお届けし喜ばれています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。