写真が苦手なお客様のお気持ちに寄り添って撮影

人見知りの方には無理に撮影しません。まずはお話からスタート。気持ちがほぐれてくるのを待って撮影開始。心が寄り添うまでの時間を大切に、素敵な表情が表れるまでのプロセスも大切にしています。私の撮影は一般的な出張撮影と比べ、2倍以上の時間かけています。

カメラが苦手な大人へ

フォトグラファーになる以前は極度の人見知りだった小室さん。「話している自然な表情の時に撮影する写真屋さんがいたらいいな〜」と長年考えていました。そんな私なので撮影は「お話、遊びに夢中になっている間」に終了。気負わずに撮影を楽しめます。

撮影を楽しんでいただけるよう心を配っています

お客様に撮影を楽しんでいただくための様々な技術に磨きをかけています

  • お子様を夢中にさせる話術遊び、撮影のタイミング
  • お待たせせず、素早く撮影するカメラの操作技術瞬時に美しい景色を見抜く力
  • 撮影場所の状況予定に沿って進行する全体を見渡せる調整力
  • 最小限の移動でバリエーションに富んだお写真を効率的に撮影していく技術
  • フォトグラファーがいることでご家族の思い出がより一層深まり、素敵な1日をすごすお手伝いをしています。多くのお客様から、「思い出になる、楽しい一日をありがとう」というお言葉をいただいています。武蔵国分寺公園こむの木家族写真

撮影時に意識していること

これからの暮らしは楽しいことばかりではない。ケンカしたり、素直に向き合えない時が必ずある。そんな時を家族写真を見て乗り切ってもらえたらと思っています。
こどもが思春期の難しい時、言葉をかけられない時がくるかもしれません。そんな時、飾られた写真が「大切に思っているよ」と静かに伝えてくれると信じてシャッターを切っています。

30年後を想像しながら撮影しています

自分の30年前の写真を見返す時、父母の表情や仕草、部屋のインテリア、街の風景が懐かしさ・温かさを運んできてくれます。今、当たり前のように思える光景、なんでもないように思える時間も、20年、30年……時を経るとかけがえのないものに。家族がそそいでくれていた思いがあふれる、楽しい声が聞こえる写真を撮りたいと日々自分を磨いています。

桜撮影成人の記念家族写真