【家族写真】プロがやっている!自然なポーズの写真の撮り方@公園

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

小金井公園家族写真

「最近、カメラの前で変顔しかしてくれない…」

・「カメラを嫌がって写真を撮らせてくれない…」

・「カメラ目線の写真ばっかりになっちゃう…」

・「自然なポーズの写真ってどうやって撮るの?」

 

私は家族写真専門フォトグラファーとして独立して14年自然な写真お客様に喜ばれてこれまで1000組以上の家族撮影をしてきました。

そこでこの記事では、家族写真を撮るのが好きなママに、公園で自然なポーズの写真を撮る方法を具体的に解説、実際に撮影する方法を紹介します。

この記事を読めば「ナチュラルな写真を自分で撮影するポイント」が分かります。
だんだん写真を避けるようになる我が子に嫌がられないように(笑)ササっと自然に撮影するポイントをマスターしちゃいましょう。

1. 自然なポーズを撮影するためのカメラの準備


ISO1000 シャッタースピード1/1000、絞りf5

●撮影前にテスト撮影で露出を決める

撮影したい背景の前で人物を入れずにテスト撮影。露出を決めておく。撮影中はシャッターチャンスだけに集中する。

自然な背景の撮影の探し方はこちらをご覧ください
公園で【ナチュラルな家族写真】を撮るためにプロが実践していること

●シャッタースピード1/1000以上に設定

この写真は動いている最中に撮影しています。動きを伴う場面は人物がブレないようにシャッタースピードを1/1000以上にセット。晴れた日の日向は1/1000以上にセットしても明るさは十分確保できる。

 

2.自然なポーズの家族写真と声かけの仕方

自然に撮影するにはカメラを感じさせないことが一番!カメラの存在を忘れてもらうよう、たくさんの遊びを準備。こどもが飽きる前に遊びをどんどん変える。撮影者はこどもに常に声をかけ遊びを一緒に楽しむことがいい写真につながる。一緒に楽しむと被写体にも気持ちが伝わり、自然でいい写真が撮れる。ポーズごとの声かけのコツは以下の通り。

肩車

小金井公園家族写真

こどもの手がギリギリ届きそうな枝を探し、タッチできるかチャレンジ。何度か往復してもらう。「タッチできるかな〜」「できた〜」「おしい〜」とこどもに常に声をかける。簡単すぎると飽きてしまうので、パパと距離感を相談しながら何度か撮影。

たかいたかい

小金井公園桜撮影会こむの木

たかいたかいを何度かしてもらい、顔が近づいてきた表情のいい時に撮影。「わぁ〜」「近づいてきた〜」と声かけ。ママだけでなく、撮影者も楽しむとこどもに伝わってよりよい表情に。

かめさんポーズ

小金井公園こむの木家族写真

背中に全員乗ってもらう。こどもたちに「落ちないようにがんばれー」と声かけしながら。パパにも「つぶれないようにがんばれー」こどもは大人も大変だ、と伝えると面白がってくれる。簡単に乗ってしまい、こどもが退屈そうならパパに揺らしてもい「地震がきたぞー」と盛り上げる。


 

3. こどもだけの場合

コアラさんのポーズ

小金井公園こむの木家族写真

左右から走ってきてもらい、コアラのように抱きついてもらったところを撮影。「集まれー」「離れてー」「急いで」などと声かけ。離れたり、くっついたりを何度か繰り返す「わー、早いー」などたくさん声かけしてこどもの気持ちを高める。

背中合わせポーズ

ポーズをつけてもらうことが簡単な年齢だと、写真への照れも出てくるお年頃。まず背中合わせになってもらい、そのあと背中同士で押しあいっこしてもらう。「がんばれー」「もっとー」などとたくさん声をかける。ただ座るだけだと撮れない、自然な笑顔が撮影できる。

4.親子3世代の場合

踏み切りごっこ

流山市総合運動公園家族写真

大人が左右で布を持って踏み切りを作り、こどもにくぐってもらう。「かんかんかん…」「ちーん!」「踏み切り上がったよ!」「わー、閉じちゃうよ」「急げー」などと声かけして盛り上げる。こどもの目線が隠れる高さで布を上下することがポイント。布を持つ人が一人は座れるのがベスト。

「踏み切りごっこ」の撮影の様子はこちらの動画でもご紹介しています

こむの木流山市総合運動公園家族写真

走ってもらい、大人に後ろからついてきてもらう。「追いつかれちゃうよー」「早いねー」などと声かけして楽しい気持ちを膨らまる。

5.ひとつの背景で自然な写真、カメラ目線の両方を撮影しておく

自然な写真が撮影できるようになったら、同じ場所でカメラ目線の写真も撮っておく。写真にバリエーションが出るのはもちろん、カメラを意識しない時間、意識する時間の両方を作ることで写真撮影を飽きずに楽しんでもらえる
【撮影順序】
1.自然な写真
2.カメラ目線

落ち着いてきた様子(飽きてしまう前)になったらカメラを見てもらう。カメラ目線は「カメラ見て」でも良いが「せーの、で二人で息を合わせて見れるかな〜」とカメラを見ること自体にもゲーム性を持たせると笑顔が撮れる。

 

家族写真撮影会こむの木小金井公園

家族写真撮影会こむの木小金井公園

いかがだったでしょうか?私が家族写真を撮影する時にやっているポーズや声かけは他にもたくさんバリエーションがあります。
こちらのYoutubeに実際に撮影している動画があるので、声かけの参考になれば嬉しいです。

ポーズのバリエーションは一度にたくさん撮影しようと思うと難しいです。季節ごとに撮影したい背景を決め、1つずつチャレンジしていくと、だんだん自然な写真を撮影することが身についていくと思います。
ご家族の大切な時間を楽しく記録ための少しでも助けになれば嬉しいです。

自然な写真の撮り方を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください
【ナチュラルな家族写真】を公園で撮影する具体的な6つの方法

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です