漫画で読む笑える歴史本を発見しました^^

歴史を勉強し直したいと思い何冊か買ってみたものの、積ん読になっていた小室さん。
先日本屋さんで表紙が気になり、立ち読みするやいなや、
歴史の本なのに笑えるエピソードが満載だったので買ってみました。

最近、難しいビジネス書や往年の名作をサクッと漫画で紹介する本が多くて助かっています。
海外にもこういう漫画で難しいことを解説した本はあるのでしょうか?
日本人でよかったーと思いつつ、漫画に助けられているこの頃です。

やばい日本史」は時代ごとに章立てされていて
同じ時代を何度も別の切り口で振り返るので、
複雑な歴史がすんなり自分の中に入ってくる感覚があります。
・ざっくりその時代を説明した漫画
・その時代の人物相関図(ドラマの人物相関図のようなもの)
・主要な偉人たちの「すごい!」と「やばい」を見開きでわかりやすく対比

これまでの歴史の教科書では描かれなかった偉人たちの何がすごいのかを掘り下げつつ、
え、あの偉人がこんなことを……という知られざる笑えるエピソードに
シュールな和田ラヂヲさんの絵が添えられています。
和田さんは松山市出身と知って、勝手に親近感を思えてます。

日本史の読み物で声を出して笑ったのはこれが初めてです。
児童書だけど、大人も楽しめます^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA