ボカして撮る


プロっぽい写真に見える方法、ぼかし。
その手順はこんな感じでしょうか。

1.主役(ピントを合わせたいもの)に近づく

2.背景を主役から離す

3. 絞りを小さいf値に設定する

4.望遠側で撮る

NK2_1533 のコピー.jpg
※写真をクリックすると拡大表示されます

5D-mark3+Zeiss PlanarT*1.4/50 ZE
ISO100 1/320 f2.8 AWB
八王子駅前のお花屋さんと古本市

*************************************************************************

ではこの写真を撮った際の、
具体的な手順です。

1.主役(ピントを合わせたいもの)に近づく
→手前のピンク・黄色の花を主役に決め、近づく

2.背景を主役から離す
→画面右側に奥まで長く続く通りを写し、
主役の花から大きく距離をとる

3. 絞りを小さいf値に設定する
→f2.8に設定

4.望遠側で撮る
→50mmで撮影
※85mm、105mmなどの望遠で撮ったほうがボケます。
私の好みで50mmの単焦点レンズを使用しています。

*************************************************************************

大雑把ですが、
カメラはそのサイズが大きくなるほど、
ボケやすい構造です。

スマホ→コンパクトデジカメ→ミラーレス→一眼レフ→中判カメラ……

ということで、近づいて、離して、と
様々にボカしてプロっぽい写真を楽しむのもいいですよね。

ただし、望遠側で撮影するとブレやすくなります。
カメラが動かないよう、脇を締めて、
息を止めて?撮ってみてくださいね。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA